E判定から京都大学に逆転合格! 弓場 汐莉のブログ

E判定から京都大学に逆転合格! 弓場 汐莉のブログ

2015.06.02

やり切る

こんにちは!
ミスターステップアップの弓場 汐莉です。
普段のステップアップの様子や、
その日新しく勉強して学んだことから
受験生に役立つ情報をお伝えできればいいなと思います。
さて、これまでの人生で、
何度ブログを立ち上げたか分かりません。
最初はこまめに更新するけど、
だんだん疎遠になってくる、よくあるパターン。
「でも、今度こそ続けるぞ!」
…と宣言して結局3日坊主になるのも、
よくあるパターン。(笑)
「どうせ、今回も3日坊主になるやろな。」
(関西出身なので、関西弁。)
………
なんて、みじんも思っていません!!
私のブログ経歴が、
1回目→3日坊主
2回目→3日坊主
3回目→3日坊主
4回目→3日坊主
………(。・ˇ_ˇ・。)
であったとしたら、
「5回目も、3日坊主になるんでしょ」
と、思いたくなるかもしれません。
でも、実はここに、大逆転合格の秘訣が
隠されていたりして。
「4回ダメだったから、5回目もダメ」
というのは、過去の経験から来る予想。
それは、受験生に置き換えたら
「今回E判定だったから、
◯◯大学には合格しない」
って言ってるのと、同じ。
これは、
大逆転合格する受験生からしたら、
タブーなものの考え方です><
大逆転合格する受験生なら、
こう考えます。
「今回、E判定だった。
じゃあ、どうすれば合格するのか?」
得られた結果から、大逆転へのヒントを
導き出す!
ということが大事です。
「過去の経験から、結果を予想する」
のではなく、
「未来に実現することから逆算して
いま、何ができるのか?
何をすべきなのか?」
と考えるということです。
結果自体には、良いも悪いもなく
そこからどういうヒントを得るか、
ということのほうが、よっぽど大事なのです。

E判定からの大逆転受験マガジン

読むだけで勉強効率UP!
無料で学べるメール講座

メールアドレス

お名前

E判定からの大逆転受験マガジン

誰でも気軽に無料で学べる!大逆転勉強法7日間メール講座。大逆転勉強法をご覧になった方にもオススメです。

今すぐ実践できる受験ポイントを毎週お届けします。
読むだけで勉強効率UP! お気軽にご登録ください。

メールアドレス

お名前

講師

弓場汐莉
講師

大学受験塾ミスターステップアップ講師1年目の、弓場汐莉(ゆば しおり)です♪
浪人のときに、ステップアップで勉強法を学びわずか2か月で、E判定からA判定に。
その後もペースを落とさず勉強し、京都大学農学部に大逆転合格。

そのほかにも、ステップアップで過ごした1年間で、起こった奇跡は数知れません。

●「SVOC?何それ?」という状態から、英語構文が超得意になりました。
●4STEPのA問題も解けなかった私が、京大の数学で4完2半しました。
●化学の解法の必然性を、会得することができました。
●自分はやればできる人間だ、と信じられるようになり、明るく、前向きな性格になることができました。

わたしが学んだ、成功させる秘訣を少しでも多くの受験生に、お伝えしたいと思っています。
(もちろん、受験生以外の方にとっても読んでためになることをお伝えします!)
ぜひ、あなたの抱えている質問を、コメントやメッセージで、お寄せください☆

「勉強のことならなんでも聞いて♪」がモットーです(人’v’*)

  • この記事を書いた人

弓場汐莉
講師

大学受験塾ミスターステップアップ講師1年目の、弓場汐莉(ゆば しおり)です♪
浪人のときに、ステップアップで勉強法を学びわずか2か月で、E判定からA判定に。
その後もペースを落とさず勉強し、京都大学農学部に大逆転合格。

そのほかにも、ステップアップで過ごした1年間で、起こった奇跡は数知れません。

●「SVOC?何それ?」という状態から、英語構文が超得意になりました。
●4STEPのA問題も解けなかった私が、京大の数学で4完2半しました。
●化学の解法の必然性を、会得することができました。
●自分はやればできる人間だ、と信じられるようになり、明るく、前向きな性格になることができました。

わたしが学んだ、成功させる秘訣を少しでも多くの受験生に、お伝えしたいと思っています。
(もちろん、受験生以外の方にとっても読んでためになることをお伝えします!)
ぜひ、あなたの抱えている質問を、コメントやメッセージで、お寄せください☆

「勉強のことならなんでも聞いて♪」がモットーです(人’v’*)

SNSで購読する

関連記事

お問い合わせ(お気軽にご連絡ください)

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SNSで購読する

お問い合わせ(お気軽にご連絡ください)

お問い合わせ

著書